fc2ブログ

助けを求めましょう

自分の家庭について誰かに話してみれば、自分では当たり前だと思っていたことが、他の家庭ではそうではないとわかります。例えば、一般的な家庭では親子で気兼ねなく会話ができますが、機能不全な家庭では誰もが支配者の顔色をうかがって、その意向に添うように発言します。

自分のつらさを誰かに訴えれば、一人で抱えていたつらさにその人が共感してくれて、問題の解決に協力してくれるかもしれません。例えば、会社や学校への不満や対人関係での苛つきなどがあったとしても、人に話すだけで気持ちが楽になり、不満や苛つきの本当の原因について客観的な意見をもらえます。

自分の過去を誰かに告白すれば、あなたが抱えている問題にその人が気付いてくれて、対処する方法を一緒に考えてくれるかもしれません。例えば、過食嘔吐や自傷といった行為について理解してくれたり、精神的な不調を和らげるためにあなたを癒してくれたりするでしょう。

一人で生きづらいと感じていても、そのままでは時間が過ぎるだけです。まず、話しましょう。訴えましょう。告白しましょう。恋人や友人がいなければ、いのちの電話のような公的な相談でもいいんです。人に助けを求めることは恥ずかしいことではなく、自分へのいたわりです。

 
スポンサーサイト



2014-08-11 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング