fc2ブログ

共依存と操作

優れた支配者は、腕力や経済力といった強大な力を行使するだけではありません。相手が欲しがる餌を使って、自由自在に被支配者を操ります。子供を殴ったり蹴ったりしても、時には優しい親になります。いつも子供を突き放してばかりでも、気分によっては親らしく抱っこします。そして、自分の機嫌が悪ければ子供を叱り、自分の機嫌が良ければ子供を甘やかすのです。

こうして毒親に振り回され続けた子供は、安定した親の愛情を得ようとして先回りするようになります。自分の欲求や感情なんて後回しです。自ら進んで親の要求に応えることで、親を満足させます。つまり、情緒的には子供が親の世話をしている家庭となり、子供らしく生きられなかった子供は、成人してアダルトチルドレンとなるのです。親の人生を成立させるための道具となり、専制君主の奴隷として生きるようになってしまうのです。

すると毒親は、道具や奴隷となる子供がいなければ生きられなくなります。自分の人生と子供の人生が別の存在ではなく、一体化するからです。しかも、その共依存関係を強化するために、子供を囲い込もうとします。外面を良くして周囲から素晴らしい家庭だと言わせたり、子供が付き合う相手に口を出したりするのです。自分の価値観が全てであり、子供の意見や希望には耳を貸そうともしません。「お前のためだ」と詭弁を振るい、「好きにすればいい」と理解者を装って操作を続けるのです。

あなたの生きづらさの大半の要因は、この共依存という拘束にあるはずです。毒親に勝手に依存されただけではなく、あなた自身も毒親に依存しているから苦しいのでしょう。でも、それは養育を必要としたあなたの責任ではありません。まずは、親のために生きる人生を放り出しましょう。その遥か先に親との対決があると思います。

 
スポンサーサイト



2014-08-06 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング