fc2ブログ

殺人事件と機能不全家族

また、長崎県佐世保市で痛ましい事件が起こりました。高校1年生が同級生を殺害して、死体を損壊する背景にはどのような心理があったのでしょうか。専門家と称する人々は、二人の関係について詮索したり、殺人や解剖に対する好奇心に言及したりしているようですが、問題の核心は別にあると私は考えています。

加害者の女子生徒は、小学生の頃に給食に薬物を混入したり、小動物を解剖したりしたようです。学校の成績が良く、国体に出るほど運動神経が良かった反面、感情の起伏が激しかったり、問題行動もあったりしたそうです。本当かどうかは不明ですが、家庭内で金属バットを振り回して暴れていたという報道もありました。まるで、境界性パーソナリティ障害のような状況です。

彼女の両親はその地域の名士であり、経済的にも余裕があったようです。父親の経歴を見れば、社会的な成功を収めていると誰もが思うでしょう。母親は昨年亡くなりましたが、それまでは社会活動などを積極的に行っていたようです。しかし、妻が亡くなって半年程度で父親は再婚しており、まだ高校1年生の娘は別居しています。

ということは、サインは小学生の頃に現れていたのであり、その時点で殺意の核となる何らかの出来事が起きていたと推定できます。にもかかわらず、両親は薬物混入事件が表沙汰にならないように動き、娘に向き合わなかったのではないでしょうか。加害者の女子生徒は、自分の感情を置き去りにされたまま機能不全家族で暮らし、居場所を失って追い詰められていたのでしょう。

今回の事件は、被害者に対する「見捨てられ不安」や「理想化とこき下ろし」のような心理が働いたかもしれません。けれども、その殺意の根底には、親への怒りと思慕があります。そして、娘がこれほど猟奇的な行動を起こした本当の理由を父親は知っているはずです。しつけが厳しい程度で異常な犯罪を犯すわけがありません。10年前の佐世保の事件でもうやむやにされてしまいましたが、なぜ加害者の家庭を徹底的に調べないのでしょうか。機能不全家族で何が起きているのか、そのサインを子供は発していたのに周囲の大人が見落としていたのです。

 
スポンサーサイト



2014-07-30 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング