fc2ブログ

振り込め詐欺と過保護・過干渉

「振り込め詐欺」や「おれおれ詐欺」の被害が一向に減りません。「母さん助けて詐欺」などという、誰にも受け入れてもらえない名称を使ったから、さらに悪化したのでしょうか。報道を見ると被害者の大半は老人ですが、警察は彼ら彼女らの特性についてきちんと分析しているようには思えません。

おそらく、被害者は元々過保護な親で、子供や孫に過干渉したいという欲求を持っているのでしょう。その潜在意識につけ込まれているだけです。根底には寂しさを抱えており、誰かに構って欲しくてうずうずしていたはずです。そこに助けを求められたので、自分の支配力を証明しようとして、直情型に行動を起こしてしまいました。真っ当な親子関係があって、多少の想像力があれば、これほど単純な詐欺に引っかかるはずがありません。

こうした犯罪に手を染める連中は機能不全家族に育っているので、ターゲットの特性をよく理解しています。自分がどう振る舞えば獲物が食いついてくるのか、お金を用意させるためには、どうやって背中を押せばいいのか知り尽くしています。しかも、相手に対する罪悪感がないので、良心が傷まずに淡々と騙せます。機能不全家族で操作された子供世代が、親世代や祖父母世代を操作しているわけです。

過保護・過干渉、自己中心的、共依存関係の家族、決めつけやすい性格、自己責任を理解できない、自分の子供を批判対象としている、孤独感を抱えている、外面が良い。そんな人達が被害に遭いやすいのではないでしょうか。つまり、振り込め詐欺とは自律していない老人への報復です。もしかすると、騙されたと気付いても、世間体を考えて被害を届けていない人達が大勢いるかもしれません。

 
スポンサーサイト



2014-07-21 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング