fc2ブログ

なぜ、性虐待(近親姦)を行なう父親や兄や叔父がいるのか

それは、支配欲に起因しています。単純な性欲ではありません。自分の所有物であるという確認行為であったり、自分の寂しさを埋める代償行為であったり、自分が支配されている状態への反発だったりするようです。強姦が魂の殺人だと説明される場合がありますが、通常は第三者の加害者を指しています。加害者が近親者の場合は、魂どころか存在そのものの否定ということになるのでしょうか。

性虐待が起きる家庭は、ほぼ例外なく機能不全家族であり、身体的な虐待や情緒的な虐待、育児放棄などが伴います。加害者には、性虐待を実行した父親や兄や叔父などの近親者だけではなく、母親も含まれます。多くの母親は、性虐待に気付かない振りをしたり、気付いても「忘れなさい」と突き放したりして、娘の被害感情を癒そうともしません。挙げ句の果てには、「あなたが悪い」と娘を非難したり、「人の男を盗った」と攻撃したりする母親までいます。被害を受けた子供は、そうやって二重三重の被害に遭い、沈黙を強いられるのです。

性虐待を行なう本当の理由は、私にはよくわかりません。加害者について研究者がまとめた出版物はありますが、加害者自身が真摯に自分と向き合ったと思える文章や映像に出会っていないからです。自分では想像さえできないほどに、理性や本能を超えた理不尽な暴力だと私は捉えています。だから、被害者には苦悩や怒り、哀しみといったあらゆる否定的な感情が生じるのでしょう。

もしも、あなたがこうした被害を受けていたならば、回復には時間が必要だと思います。けれども、回復する過程にこそ意味があり、人として再生しようとするあなたは誰よりも強く逞しく成長できるはずです。心の傷を癒して自分の力を取り戻せば、必ず穏やかで幸せな時間を得られると信じています。

 
スポンサーサイト



2014-07-10 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング