fc2ブログ

「甘やかす」と「甘えさせる」

過保護過干渉の両親や祖父母は、子供を可愛がると言いながら甘やかします。子供の我がままを喜んで引き受ける自分に酔っているのです。だから、子供が自分で物事を達成しようとすると、自分の利益には繋がらないので、横槍を入れて自分の影響力を行使します。子供の成長なんて考えていません。子供の幸福よりも自分の感情を優先します。彼ら彼女らは、子供を使って自分の満足感を得るという無意識の流儀に支配されているのです。こうした日々を過ごしていると、子供は自尊心を奪われ、社会性も低くなります。

健全な両親や祖父母は、子供を可愛がるとは言わずに甘えさせます。子供の我がままを正した上で、甘えようとする子供を受け入れるのです。だから、子供が自分で物事を達成しようとすると、黙って見守り、関与しようとはしません。常に子供の成長を考えながら、一人の人間として尊重します。自分の感情よりも子供の幸福を優先します。彼ら彼女らは、子供に無償の愛情を注ぐという無意識の流儀に支えられているのです。こうした日々を過ごしていると、子供は自尊心を培い、社会性も高くなります。

「甘やかす」とは、操作と強要です。「甘えさせる」とは、受容と共感です。この違いを毒親や毒爺婆は理解していません。機能不全家族でも「甘やかすな」という言葉を使っているかもしれませんが、乳幼児期に十分甘えさせていないのが実態です。自分の利益ではなく、相手の感覚や立場で物事を想像する習慣があるかどうか。広い視野を持っているかどうか。将来まで見通しているかどうかが分かれ目です。

 
スポンサーサイト



2014-06-28 : 結婚・育児 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: タイトルなし
Kenさん、ご来訪ありがとうございます。
ブログを少し拝見しましたが、なかなか過激ですね。仰るように偽物と思われる人もいるでしょうが、心の問題に線を引くのは難しいとも思います。まあ、「なりたがり」は文章を読めばすぐにわかりますので、子供だと思って大目に見てあげてください。私が本を出版した理由の一つに、DIDに対して正しく理解して欲しいという思いがあります。宜しければ、拙著をお読みください。メンヘラやかまってちゃんに対するkenさんの理解が一層深まるはずです。
2014-06-29 09:54 : 清水賢一 URL : 編集
記事読ませていただきました。僕はメンタル系考察ブログやってます。暇つぶしにでもいらしてくれると嬉しいです。
2014-06-28 16:33 : Ken URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング