fc2ブログ

実名顔出しで明かす近親姦被害の実態

12月2日のTBS「報道特集」で「実父から“性的虐待”23歳の告白」というレポートが放送されていました。中学2年から高校2年まで、実の父親から性的虐待を受けていた女性が実名顔出しで取材に応じています。被害に遭った時期が幼くないために、記憶をしっかりと持っているのでしょう。父親を刑事告訴しました。去年11月には自殺未遂もあったようですが、パートナーに支えられてなんとか生きている状況です。

「ママには内緒ね」実父から“性的虐待”23歳の告白、罪に問う決断までの日々、決断に家族は猛反対…父はなに語る(報道特集)

「きょうたまたま死ななかっただけで”死なない日を延ばしていた”感じ」、「どうしても血がつながっている実の親だから一生憎み切れないと思います」と語る彼女の表情からは深い苦悩が読み取れます。加害者である父親やその母親などの釈明もありましたが、被害者の痛みを少しも感じていない様子で、観ていてやり切れなくなりました。

また、文春オンラインでは11月29日に以下の記事が掲載されました。こちらの女性も実名顔出しで取材に応じています。匿名ではなく実名を公開することが、どれほど勇気のいることか。そうまでした彼女たちの訴えに、私たちは真摯に向き合わなければなりません。

「『ほら見ろよ』母親の目の前で子どもに性虐待を行う父親 弟は自ら命を絶った《姉が覚悟の実名告発》」(文春オンライン/秋山千佳)

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2023-12-06 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング