fc2ブログ

ジャニー喜多川氏は同性愛の小児性愛者(ペドフィリア)

ジャニー喜多川氏は、1960年代始めに米軍の駐屯地ワシントンハイツで「ジャニーズ少年野球団」のコーチをしていたそうです。そして、1962年にジャニーズ事務所を創業し、少年野球団のメンバーから4人が選ばれて、アイドル第1号「ジャニーズ」が誕生しました。今回、ようやく注目を集めているジャニー喜多川氏の「性加害」ですが、半世紀以上も前から少年たちに性的虐待をおこなっていたようです。

54年前、毒牙にかけられた「初代ジャニーズ」――ジャニー喜多川の“セクハラ過去”を再考(サイゾーウーマン)

16歳の「おれ」にジャニー喜多川が繰り返した性行為――初期ジャニタレが綴る決死の“告発”(サイゾーウーマン)

ジャニーズのあおい輝彦氏は「あんなことをされてボクの一生はおしまいです」と訴えており、中谷良氏はジャニー喜多川氏から性被害に遭ったことを告白本に記しています。フォーリーブスの北公次氏も詳細に暴露しています。ということは、ジャニー喜多川氏は同性愛の小児性愛者(ペドフィリア)だと推定できます。

ペドフィリアは少年時代に性加害を始め、数多くの子供を狙ってその行為を繰り返し、その後もやめることはないという定説があります。ジャニー喜多川氏は少年野球団で性加害の成功体験を収め、性加害を目的としてジャニーズ事務所を設立したのかもしれません。果たして、ジャニー喜多川氏の「性加害」は何人に対して行われたのでしょうか。これは史上稀に見る性犯罪ではないのでしょうか。

子どもへの性加害は「平均週2~3回」小児性犯罪者のすさまじい実態(文春オンライン)

文春オンラインには、児童に性加害行為を繰り返す「小児性犯罪者」とはどんな人たちなのか、小児性犯罪者はなぜ加害行為を繰り返すのか、ペドフィリアの治療は可能なのかといったテーマでも記事が公開されていました。ジャニー喜多川氏の「性加害」を通り一遍の報道で終わらせてはいけません。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2023-05-21 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング