fc2ブログ

毒親と児童相談所と精神病院による共同犯罪行為

2018年2月、当時13歳だった男性が、本人の同意なく医療保護入院措置で強制入院させられたことは違憲・違法だなどとして、児相を設置する東京都や母親などを相手取り、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしました。強制入院という人権侵害行為を法律で認めているせいで、毒親と児童相談所と精神病院が協力すれば逮捕監禁罪に匹敵する行為を実行できるという実例です。

「10人に担がれ、精神科に強制入院させられた」高校生が都や母親らを提訴 13歳で同意なく精神科に強制入院(弁護士ドットコムニュース)

「精神科へ強制入院は違憲」高校生の想いを聞く 国連は改善勧告も...なぜ維持?(ABEMA)

今更ながら、この国の機能不全ぶりに呆れます。毒親が暴走したとしても、児童相談所の職員や精神科医が静止する役割を果たせたはずなのに、加担するとはどういうことでしょうか。当ブログでは、77日間にわたり身体拘束された14歳の少女の訴訟にも「腐った精神医療を守った伊藤正晴裁判長」として触れましたが、全国で監禁されている少年少女は何人いるのでしょう。問題は親にあるんだよ!子供に責任転嫁するな!

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2023-01-28 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング