fc2ブログ

「徒歩暴走族」がブレイク中?

たまたま見たYouTubeの動画に驚きました。「徒歩暴走族」という迷惑行為が全国に広がっているのでしょうか。札幌や姫路では何年も前から、道路や電車の中などで大声を上げる特攻服の集団が出没しているようです。もう、機能不全社会の末期的な症状としか言いようがありません。


「北海道警察 VS 徒歩暴走族」(YouTube)

「『徒歩』なのに『暴走』!?… 姫路署や市が警戒する『徒歩暴走族』とは」(msn産経west)

まるで、赤ちゃんが泣き喚いているようです。彼ら彼女らも機能不全家族に育ったのでしょう。そうまでして構って欲しいという無意識の裏には、悲惨な生育歴がありそうです。いわゆる暴走族やチンピラのような暴力を核とする反社会的行為は、どちらかと言えば父性を強く求めていると感じます。しかし、この「徒歩暴走族」はもっと原初的な母性を求めているのではないでしょうか。

やはり、乳児の段階まで戻らなければ、心の傷は回復できないと思います。3歳頃までの記憶に残らない体験は、無意識にしっかりと刻まれているのです。母親や父親がいたとしても、十分な愛情を注ぐとは限らず、役割を果たせない場合があるのです。愛情飢餓には愛情しか効果がありません。
スポンサーサイト



2014-06-19 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング