fc2ブログ

福岡県警小倉北署の巡査部長が性犯罪

福岡県警小倉北署の巡査部長が性犯罪を起こしても逮捕されないどころか、名前の公表さえ行われていません。なぜマスコミはもっと追及しないのでしょうか。報道機関がこうした甘い対応を行っているから、性犯罪に対する厳しい環境が作られないのです。
酩酊女性と“性交”40歳男性巡査部長を懲戒処分(九州朝日放送)

小倉北署に関しては近年だけでもこれほどの犯罪行為が行われています。
乱交イベント、主催は警察職員「性行為を見たかった」(朝日新聞デジタル)
福岡巡査部長、盗撮疑い(京都新聞)
福岡県警幹部が北九州で飲酒事故 小倉北署の交通管理官(東京新聞)
既婚警官 別女性と披露宴 福岡県警小倉北署 巡査部長、懲戒処分に(西日本新聞)

しかも、福岡県警の犯罪行為は、犯罪のデパート神奈川県警を凌ぐ勢いです。
捜査費など盗んだ容疑で公安所属の巡査長を書類送検 福岡県警(毎日新聞)
福岡県警、飲酒運転で当て逃げ事故を起こした警官を懲戒免職(レスポンス)
女性宅侵入・危険運転…不祥事連発の福岡県警、3人処分(朝日新聞デジタル)

なお、「警察官の不祥事・組織 犯罪集団の日本の警察」というブログでは、都道府県の警察ごとにカテゴライズされています。これが日本の実態です。報道機関の機能不全ぶりがはっきりとわかります。
福岡県警
神奈川県警

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2021-04-03 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング