fc2ブログ

福井大・赤トンボ殺人事件民事訴訟で前園泰徳被告が敗訴

福井県で2015年、赤トンボを研究していた大学院生の菅原みわさん(当時25)が殺害された事件をめぐり、「嘱託殺人罪」で有罪が確定した元福井大大学院特命准教授の無職前園泰徳被告(48)に対して、遺族が約1億2000万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決で、千葉地裁は1月13日、真意に基づく嘱託は認められず、依頼のない状況で殺害したとして、約8500万円の支払いを命じました。

教え子殺害事件、民事訴訟では一転「嘱託」認めず…なぜ異なる結論に?(弁護士ドットコムニュース)

この事件では、前園被告が邪魔になった愛人を殺害した上に、いくつもの隠蔽工作を行っていました。当然の判決です。刑事訴訟では、本人に会ったこともない精神科医の意見が採用されて、嘱託殺人罪が認められてしまいましたが、事実を正しく判断できない裁判員裁判の弊害です。しかも、この民事訴訟の結果を見れば明らかなように、控訴しなかった検察は職務怠慢と言うほかありません。

被害者の「境界性人格障害」を主張した赤トンボ研究の福井大大学院准教授

福井大・赤トンボ殺人事件で精神科医2人が正反対の証言

ボダだから殺しても構わないという裁判員の判決

前園被告は3年6カ月の刑期を終えて、とっくの昔にシャバに出ていたのでしょう。民事事件は裁判員裁判ではないので、異常な判決にはなりませんでした。どうせ控訴するのでしょうが、人の命を奪った罪は一生消えません。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2021-02-22 : 境界性パーソナリティ障害/境界性人格障害(BPD) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング