fc2ブログ

解離性同一性障害の原因は100%近親姦

小学3年から高校生まで10年以上にわたり、実の父親から繰り返し性的暴行を受けていた女性について報道されています。彼女は解離性同一性障害(DID)で、主人格だけではなく、子供の人格も公開されています。解離性同一性障害の原因が近親姦(近親者による強姦)であるという事例が、また一つ増えました。私が知る限り、解離性同一性障害の原因は100%近親姦です。

そして、この番組のナレーションにある解離性同一性障害の「治療法はありません」という説明は間違いです。完全統合に至って、完治している方は日本にもアメリカにもいます。精神科医の言葉を鵜呑みにしたのかもしれませんが、標準的な日本の精神科医は解離性同一性障害を理解していませんし、治療方法を知りません。

父親「彼氏ができた時の為の練習だよ…」高校まで性的暴行受け続けた女性 癒えぬ傷と子育て「あの人の逆を」(東海テレビ)

このような父親が今現在もこの国のどこかで、子供を強姦しているのでしょう。本当に腹立たしい。また、「決死の思いで学校の先生に相談したにもかかわらず、軽くあしらわれた」とは、教師の無能さにも本当に呆れてしまいます。多くの大人が、子供が出しているサインに気付けるようになって欲しいと思います。

さて、この番組では、娘に対する性的暴行について刑事事件は時効になっていると説明しています。しかし、民事事件として父親の責任を問うこともできます。昨年、民法が改正されて「除斥期間」という最高裁の間違った判例が無効になりました。詳しくは割愛しますが、現在の民法では、消滅時効が経過していると被告側が立証できない限り、時効にはなりません。

消滅時効の起算点は、被害を認識した時や被害が発生した時であり、この場合は解離症状を確認できた段階になると考えられます。そのため、20年は経過していないという判断を裁判所は下すと予想します。残念ながら、美咲さんの父親は死亡しており、損害賠償を請求する相手がいなくなってしまいましたが。

完全統合に至らなくとも、主人格と副人格が協力できれば平穏な日々を送れます。美咲さんが人生を回復できるよう、心から願っています。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編
ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2021-02-14 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング