fc2ブログ

乳幼児期以降の被虐待経験がもたらす猟奇的・性的な殺人事件

猟奇的・性的な殺人事件の原因として、乳幼児期以降の被虐待経験が考えられるという記事がありました。私はこれまでも乳児期を含めて言及していますが、そうした視点と符合したのです。また、「神戸連続児童殺傷事件の加害少年生育歴-3」では、認知の歪みを発生させる出来事が日常的に繰り返されていたのではないかと述べましたが、その点でも共通しています。

阿部憲仁氏は数多くの凶悪犯と直接やり取りした経験を持っていますが、「もし仮に『幼少期からの性的刷り込み』と『攻撃性・暴力性』が融合してしまうと、性的欲望が芽生える度に暴力性と結びつく」と述べています。

71人の女性を殺害した男…ゲイリー・リッジウェイの歪んだ素顔(現代ビジネス/阿部憲仁)

33人の青少年を性的に虐待し、殺害した男…「殺人ピエロ」の表と裏(現代ビジネス/阿部憲仁)

さて、長崎県佐世保市で高校生が同級生を殺害した事件から6年が経過しました。かつて付添人などを担当した弁護団が近況を公開したようですが、事件の真相は不明なままです。

佐世保市の高1同級生殺害から6年 加害女性「思い悩むこと増えた」(西日本新聞)

同級生を殺害して首を切断した彼女は、どのような養育を受けていたのでしょうか。彼女は自身が受けた行為を記憶に留めているのでしょうか。彼女は自身が行った行為を記憶に留めているのでしょうか。私はこの事件についても強い関心を持っています。

殺人事件と機能不全家族
精神医療と事件
社会的な成功と自己評価
敢えて、死者に鞭打つ

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2020-10-16 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング