fc2ブログ

自殺者数の減少は精神医療にかからなかったことが原因では?

警察庁が5月20日に集計した4月の自殺者数は「前年同月比19.7%減の1457人」だったそうです。日経ビジネスの記者がその理由について記事を執筆していますが、私は重要な視点が抜けていると気付きました。

新連載:新型コロナ、もう1つの命の危機 自殺者数「4月の謎」から(日経ビジネス)

4月に自殺者が減ったのは「テレワークで人に会わないから」は本当か(日経ビジネス)

人々は新型コロナの感染を恐れて、病院を避けるようになりました。そして、各地の医療機関は大減収となり、経営が圧迫されていると報じられています。それは、精神科や心療内科でも例外ではないはずです。ということは、精神的な問題を抱えた人がいても、精神医療にはかかっていない場合が多いと推測できます。

つまり、日本の精神医療では何らかの投薬を行う場合が大半ですから、精神的な不調を抱えている人が、向精神薬などを服用していないわけです。だから、上記のように自殺者数が減少しているならば、自殺の原因は精神科や心療内科で処方される薬物にあると導けます。せっかく自殺者数の減少を取り上げたのであれば、向精神薬などの販売量がどの程度減少しているのか調べて欲しいですね。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2020-06-14 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング