fc2ブログ

仙台市2歳児放置死事件で懲役10年の判決

仙台市で昨年6月、自宅に2歳の娘を放置したまま9日間外出して死亡させた母親に懲役10年の判決が下されました。被告は「娘を置き去りにするつもりはなかった」などとして起訴内容を否認しており、弁護側は「娘の存在を認識できなかった」「日数がたっていることも認識していなかった」と主張していました。

遺棄致死女児、放置は9日間 仙台地検、母親を起訴(産経新聞)

2歳児放置死 母、起訴内容を否認「置き去りのつもりない」 仙台地裁(産経新聞)

2歳児放置死、母親に懲役10年 仙台地裁(産経新聞)

報道されている情報では判断できませんが、解離性障害、特に解離性同一性障害の可能性はないのでしょうか。2010年に起きた大阪二児遺棄事件と状況が似ています。二児を残して餓死させてしまった母親は、解離性障害ではないかと私は考えています。少女の頃から数多くの性被害に遭うとともに、性的逸脱行為もありました。これらは幼少期に性的虐待を受けた場合の後遺症です。そして、真偽は不明ですが、母親の父親は若い教え子と三回結婚しているという情報もありました。

大阪二児遺棄事件 育児放棄母の父親らから事件の深淵聞く(NEWSポストセブン)

今回の仙台の事件で精神鑑定は行われたそうですが、その鑑定人には解離性障害を鑑定する能力があったのでしょうか。ドキュンのキャバ嬢が起こした育児放棄事件として終わらせるのは気掛かりです。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2020-03-18 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング