FC2ブログ

熊沢英昭被告を保釈した東京高裁・青柳勤裁判長は元同僚

東京地裁の決定を取り消して保釈を認めた東京高裁の青柳勤裁判長が、熊沢英昭被告とは元同僚だったと判明しました。青柳裁判長は、入所7年目だった1987年に裁判官に与えられている『外部経験制度』によって農林水産省食品流通局に2年間の研修に出ており、同局にいたのが入省21年目だった熊沢被告だそうです。

長男刺殺の元農水次官、保釈認めた裁判官は「元同僚」の奇縁(NEWSポストセブン)

情実が判断に影響を与えたとは断定できません。しかし、「極めて異例」の決定がなされた事実からは、ただ単に毒親の守護神というだけではない理由があったと受け取られてもやむを得ないでしょう。今回の事件によって、親が子供を殺しても執行猶予になるという相場に歯止めがかかるかと思いましたが、こうした判事のせいで理不尽な判決が続きそうです。

 
スポンサーサイト



2020-01-05 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

 

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング