fc2ブログ

虐待を受けていた知的障害のある19歳殺人犯

父親から暴力を受けていた知的障害のある殺人犯についてレポートされています。ノンフィクション作家の石井光太氏は「これまで私は川崎中一男子生徒殺害事件など、いくつもの少年事件を取材してきた。あまりに残虐な事件が起きた時、メディアはその動機を『少年の心の闇』と曖昧な表現にして片づけてしまいがちだ。そして一般の人もそれでわかったような気持ちになる」と述べていますが、私も同感です。

知的障害のある19歳殺人犯は、父親からおぞましい暴力を受けていた(現代ビジネス)

以前、私は当ブログで「機能不全家族こそ『心の闇』の核心」と題して曖昧な表現に対する懸念を顕していました。これほど家族間の殺人事件や凶悪事件となる拡大自殺が相次いでいる現状を見れば、機能不全家族に焦点を当てなければならないはずです。

 
スポンサーサイト



2019-09-18 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング