fc2ブログ

反抗挑発症と素行症という新たな「病気」の発明

製薬会社が運営する「MSDマニュアル家庭版」というWebページに凄い情報が出ています。「MSDマニュアル家庭版」とは別の記事で精神科医が奇妙な「病気」を説明していたので調べたのですが、精神医療業界は人の営みを全て病気にしなければ気が済まないようです。

反抗挑発症:反抗挑発症(反抗挑戦性障害とも呼ばれます)は、否定的、反抗的、不服従の行動を繰り返し起こす病気で、多くの場合、権威のある人物が対象になります。

素行症:素行症(行為障害とも呼ばれます)は、他者の基本的な権利を侵害する行動を繰り返し起こす病気です。

さりげなく「特定の薬剤が一定の効果をもたらすことがあります」と記述している通り、ただの不良少年にすぎない子供を薬漬けにしようという魂胆です。18歳未満には「パーソナリティ障害」という診断を下せないから新たな病気を作ったのでしょう。ヤクザよりも恐ろしい。

こんな摩訶不思議な「病気」がまかり通っている事態は異常です。毒親、機能不全家族、虐待、マルトリートメントに対する社会の認知を向上させるほうが、予防や回復において遥かに効果があるはずです。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編
スポンサーサイト



2019-10-01 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング