FC2ブログ

性的虐待を原因として自殺したという報道は皆無

松山を中心に活動するご当地アイドル『愛の葉(えのは)Girls』のリーダーだった大本萌景さん(享年16)が自殺した事件について続報がありました。多くのテレビや新聞では、母親の一方的な主張が真実であるかのように報道されていましたが、この記事を読むとかなり異なる真相が存在する可能性があるようです。

自殺した地方アイドルが苦悩していた「家庭でのトラブル」(NEWS ポストセブン)

萌景さんは深夜になっても自宅に帰ろうとしませんでした。そして、「お義父さんがこたつの中にカメラを入れて、私の下半身の写真を撮っていた。私はカメラを取り上げて、撮られた画像も確認した」、「お風呂に入っているとき、脱衣所に誰かが入ってくる」、「部屋のドアの鍵が壊された」という発言もあったようです。こうした状況を踏まえると、彼女は性的虐待を受けていたのかもしれません。

私は同様の体験をしています。主人格の真由美が乖離した状態で、病院に入院している7歳の真由美(副人格)は家に帰りたがりませんでした。また、家庭に問題がある子供はその家庭から離れようとするし、性的虐待を受けた被害者は一様に希死念慮を抱えます。さらには、性的虐待を受けていると明かせる子供はほとんどいません。

子供が自殺した場合に、学校のいじめなどを原因だと主張して提訴する親もいますが、数多くの自殺の中には性的虐待が原因の場合もあるのではないかと疑っています。社会には性的虐待が多く存在すると推計でき、心的外傷を負っている被害者は本心を明かせずに苦しんでいるのに、性的虐待を原因として自殺したという報道は皆無だからです。

 
スポンサーサイト



2018-11-17 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング