FC2ブログ

大阪府寝屋川市監禁事件の真相は

大阪府寝屋川市で長女を監禁して凍死させた疑いで、両親が逮捕されました。小学生の頃から監禁が始まり、監視カメラなども使用して周囲に犯罪がばれないようにしていたようです。この両親は、長女が精神疾患で暴れたからだと主張しており、統合失調症という診断を受けたとの報道もあります。

満足な食事や治療受けさせず全裸のまま放置…両親を再逮捕 大阪府警(産経WEST)

小学校時代、体にあざ…同級生「本当にむごい」(産経WEST)

寝屋川プレハブ放置死、15年監禁疑い 両親再逮捕(産経フォト)

私は、最初の報道時点で性的虐待・近親姦を疑いました。この少女は、思春期に入りかけた頃に暴力を振るうようになって「統合失調症」にされています。診断名で言うならば、「境界性パーソナリティ障害」を理解しない精神科医は「統合失調症」だと診断します。解離症状があったならば、「解離性障害」だったのかもしれません。そもそも、心的外傷を正しく診断できる精神科医や心療内科医がどれだけいるのでしょうか。

そして、監禁や監視が象徴するように、何よりも外部に知られることを両親は恐れていました。確かに、日本では精神疾患は家族の恥だと考えられ、身内を座敷牢に監禁していた時代があります。その時代を見事に再現していたわけですが、そうした過去も含めてこうした事件は性的虐待・近親姦が原因だという可能性はないのでしょうか。以下の事件も私は疑っています。犯罪者は少女に憑依現象があったと主張していましたが、それは解離症状であり、副人格が現れていたのかもしれません。

除霊窒息死 「痛い!やめて」叫ぶ娘に水浴びせ続けた父親と僧侶(J-CASTニュース)

家庭内の性的虐待・近親姦は闇に葬られてしまいます。だから、被虐待児が本当のことを話せるような社会を築かなければなりません。見ようとしなければ真実は見えてきません。両親から虐待を受けて亡くなった方々のご冥福をお祈りします。

 
スポンサーサイト
2018-01-04 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング