FC2ブログ

馬脚を現した「アルフレッド・アドラー100の言葉」

以前より疑問を感じていた「アドラー心理学」が、とんでもない代物であると明確になりました。最初に断っておきますが、「アドラー心理学」がなぜ「心理学」なのか私には理解できません。私は、アドラー氏の個人的な思想だと受け止めています。はっきり言って「心理」でも何でもないし、特に有難いお言葉でもなく、一般的なおじさんのお説教にしか思えません。

だから、このブログではそれほど掘り下げずにスルーしていたのですが、以下の記事を読んで警鐘を鳴らさなければならないと判断しました。近年、日本で否定されている「抱き癖」に通じる思想です。乳幼児期の養育者の態度として極めて不適切であり、現在の日本では虐待に相当する行為です。私は過保護を批判しますが、保護は必要であり、自律は愛情を糧として成長に応じて進むものだと考えています。

泣きじゃくる子どもに親がすべき正解はこれだ(アルフレッド・アドラー100の言葉/DIAMOND online)

こんな暴言を有難がっている人々は、第二のヒットラーを作り出しかねません。アルフレッド・アドラー氏は1870年に生まれ、1937年に亡くなっています。そして、アドルフ・ヒトラーは1889年に生まれ、1945年4月に自殺しています。二人ともオーストリア人で、1938年にドイツはオーストリアを併合しています。

この時期のドイツはアリス・ミラー氏が指摘する「闇教育」の時代です。ヒトラーが被虐待児であったことは調査で判明していますが、同世代の子供の多くは虐待されており、被虐待児の心的外傷が増幅してナチス・ドイツを形成しました。耳障りのいい「アドラー心理学」に騙されてはいけません。

 
スポンサーサイト
2017-12-20 : 結婚・育児 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング