FC2ブログ

機能不全が連鎖している沖縄社会

沖縄県の貧しさについて、ある女性の事例が紹介されていました。すべてがそうではないというコメントも多くありますが、機能不全家族の比率が高いのではないかと感じました。問題は貧乏や低学歴にあるわけではありません。昭和20年代〜30年代の日本は貧乏や低学歴なんて当たり前の社会です。そこから努力して現在の豊かさを築きました。問題の本質は、子供を健全に養育できない親とその連鎖ではないでしょうか。

幼少時代はツナ缶と庭のヨモギが夕飯だった
「貧困を脱した沖縄女性」が語る壮絶なる貧困
(東洋経済ONLINE)

なぜ、母親たちはきちんと養育費を請求しないのでしょう。未成年を含めて売買春や風俗業が繁栄しているならば、多くの男たちがその費用を払っているはずです。深夜に道路で寝込んでいる酔っ払いが社会問題にもなっています。私には、社会全体が共依存状況にあり、そうした機能不全が蔓延しているように見えます。

 
スポンサーサイト
2017-11-05 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング