FC2ブログ

ネオニコチノイド系農薬に広く汚染されている日本

日本各地の蜂蜜やミツバチ、さなぎが、ネオニコチノイド系農薬に広く汚染されているとの調査結果を、千葉工業大の亀田豊・准教授(環境化学)らのグループがまとめたそうです。東北から沖縄の9都県で集めた73サンプル全てで検出され、蜂蜜では6割超で国の暫定基準を上回りました。

蜂蜜、6割で基準超農薬 ネオニコチノイド系(中日新聞)

以前、私は自閉症・発達障害の原因について調べ、下記の記事をまとめめています。ミツバチの異常行動とネオニコチノイドの関係は世界的に疑われているのに、「蜂蜜は日常生活で食べる量であれば、人の健康にすぐに影響が出るレベルではない」とは呆れる他ありません。原発事故の放射線と同じ台詞です。50年以上の摂取や被曝を誰か追跡調査しているのでしょうか。即死でなければ安全だと言うのでしょうか。何一つ安全性は立証されていません。

独バイエル、米モンサントを買収 6.8兆円で(日本経済新聞社)

しかも、こうした農薬を世界に蒔き散らしている企業を製薬会社が買収しました。マッチポンプとしか言いようがありません。ネオニコチノイドを散布して発達障害となる人々を作り出し、発達障害者を向精神薬漬けにするという恐ろしい事態ではないでしょうか。ジャーナリストと称する人達は、もう少し勉強したらいかがでしょうか。問題提起すべき重大事案ではありませんか。

自閉症・発達障害の原因は化学物質-1

自閉症・発達障害の原因は化学物質-2

自閉症・発達障害の原因は化学物質-3

自閉症・発達障害の原因は化学物質-4

自閉症・発達障害の原因は化学物質-5

自閉症・発達障害の原因は化学物質-6

メチル水銀が脳や胎盤に侵入する仕組み

 
スポンサーサイト
2017-08-29 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング