「2分の1成人式」という虐待行事

身近に子供がいない人はご存じないだろうと予想しますが、「2分の1成人式」という学校行事があります。詳しくは添付の記事を参照して頂きたいのですが、10歳になった小学生に対して親に感謝しろと学校が強制しています。私の感覚からすれば「お前ら頭がおかしいんじゃないか?」というレベルの酷い行事です。

世界のどこに10歳で大人になる儀式を迎える文化がありますか。2分の1に何の意味があるのでしょうか。なぜ、学校が親子関係にまで過干渉するのでしょうか。「2分の1成人式」によって子供が得られる利益を私は全く理解できません。自己顕示欲の強い教師と承認欲求の強い親が子供を道具にして満足しているだけではありませんか。教育や養育に見返りを求めている未熟な大人のせいで、子供が子供らしく自由に生きられなくなっています。

たかだか10歳で親に感謝する必要なんてありません。無償の養育を当然のこととして子供は受け取るべきです。感謝とは自発的な感情です。親に感謝するかどうかは他人がとやかく口を挟むことではないし、無償の愛情を注いだ親に感謝しない子供はいません。なぜ、これほどコントロールしようとするのか。支配しようとするのか。教師や親の質は著しく下がっていると言わざるを得ません。

 朝日新聞より引用

   
スポンサーサイト
2017-05-26 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング