fc2ブログ

友達親子

私は、自分と子供が友達のような関係だと語る親の気が知れません。こうした親は何の疑問も挟まずに「友達親子」を自慢しています。正直言って、気持ち悪い。親が友達になってしまったら、誰が大人の手本を示すのでしょうか。親は社会への入り口であり、コミュニケーションとはどういうことか具体的に教え導く存在です。それが友達になってしまったら、子供は乗り越えるべき対象を失ってしまいます。

親子の仲が良いと言いたいのかもしれませんが、「いい子」が表面的に仲良くしてくれているだけかもしれません。親が自己満足に浸っていたり、共依存になっていたりするならば、子供にとっては不適切な関係です。私は、仲が悪ければ良いというつもりはありませんが、親子関係ならば摩擦を恐れずにぶつかるべきだと考えています。子供を叱ったことがない父親が半数を超えるという調査結果が報じられたと記憶しているのですが、子育てで叱らずに済むなんて信じられません。本当は叱らないのではなく、子供と向き合うのが怖くて叱れないのです。

「いい子」の真由美は問題を抱えていたのに、誰にも気付いてもらえませんでした。高校生の頃に、彼女の母親は「私たちに秘密はないのよ」と迫りましたが、娘の気持ちには少しも関心がありませんでした。娘を一人の人間として尊重せず、娘は自分の所有物だと確信している証拠です。しかも、自律を妨害して共依存を強制している妻に対して、父親は警鐘さえ鳴らせません。彼は子供を叱らない親の類いだと思いますが、そのせいで長男はチンピラ人生になってしまいました。

「いい子」と「チンピラ」は表と裏です。両親が少しでも子供達に向き合っていれば、二人の子供は人生を滅茶苦茶にされずに済んだでしょう。真由美は両親を信頼していませんが、両親は「仲が良い家族」を強制していました。友達親子という関係に疑問を持たないようなら、その親は毒親かもしれません。

 
スポンサーサイト



2014-06-11 : 結婚・育児 : コメント : 4 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
子供は勝手に育ちません(笑)。身体には栄養が、脳には愛情が必要です。お父様自身が証明していますよね。精神的にネグレクトされて育ったから、共感する心や受容する心が欠落しているのではないでしょうか(悪く言ってごめんなさい)。食っていくために働くのは大変ですが、子供への愛情とは切り離して考えるべきです。ご両親は愛情を得られなかったので、健全な養育を知らないのです。それが機能不全家族の連鎖です。

夢見るよめちゃんは薬を服用されていたようですが、ラピットサイクラーは抗うつ薬が原因となっているかもしれません。最初の診断に間違いがあって、不要な薬を服用すると、悪循環にはまってしまうでしょう。現在落ち着いているのは薬をやめたからだと思います。素人判断なので、間違っているかもしれませんが。

C-PTSDについては、ジュディス・ハーマンの「心的外傷と回復」で解説されていますが、高価で分厚いのが難点です。私は軽度のPTSDとC-PTSDを自分で経験して、真由美とも過ごしていますので、非常によく理解できました。心的身体的な症状は、幼少期の体験に起因する動物的な反応だと捉えてください。反応なので、自分では制御できません。特に解離は認知以前の反応なので、認知(行動)療法などは意味がないと思います。

また、第三者のカウンセリングもお勧めできません。実力のあるカウンセラーを見つけるだけで膨大な時間と費用を無駄にしてしまいます。カウンセラーの大半は自分が心的外傷を負っていた人ですが、だからといって人を癒せるとは限りません。数多くのカウンセラーと称する人達のWebページを読みましたが、流派ごとの教科書的な内容で、底の浅さを感じることが多かったです。

今、夢見るよめちゃんは、本能的に回復に向かっているはずです。病名なんて医師のための分類ラベルにすぎません。自分が欲するものを求めましょう。旦那さんに迷惑かけましょう。解離して乳幼児期に戻り、満たされるまで甘えましょう。私は毎晩添い寝しながら、子供達の話を聞きました。とんとんすると子供達は安心して眠りにつきました。
2014-06-13 13:16 : 清水賢一 URL : 編集
No title
返信ありがとうございます(*´ー`*)
今の母親は、弟の連れ子で、私の継母にあたり、私が病気になった時の母親ではありません。
が、継母も父に感化されたんだと思います。父は子供は勝手に育つと豪語しており、小4から他県から引っ越してきた心細い弟を家に一人にして、ずっと母も父の仕事を手伝っていたようです。
母から、「あーほっといても大丈夫なんだぁと安心した」と言うような事を言ってるのを聞いたことがあります。父と再婚するまでは、おばあちゃんに任せきりで家事もしていなかったらしいので、可愛がるだけ、だったのでしょう。
私の躁鬱については私も現在は疑問です(笑)いや、数年前は躁らしい病巣もあり、ラピットサイクラーに近い感じだったのですが今は驚くほど落ち着いています。
言われた複雑……は調べてみます。
勉強については、解離していたと思います。今でも…(笑)
赤ちゃん返りが酷くなったりしながら旦那に甘えさせてもらいとても落ち着いたのに、まだまだ解離の部分は治まらず、旦那にも迷惑かけながら、甘えながら…という生活です。
カウンセリング…どうしようかなぁ。
2014-06-12 22:46 : 夢見るよめちゃん URL : 編集
Re: No title
夢見るよめちゃん、こんにちは。

やっぱり、ご両親に問題がありそうですね。弟さんは「普通」なので毒に汚染されて、引きこもるようになったのでしょう。ご両親が自分達に問題があると気付かない限り、謝罪しない限り事態は変わらない気がします。夢見るよめちゃんは、ご自身の回復に集中してください。

ブログを少し読ませて頂きました。その程度で判断できることではないのでしょうが、双極性障害には疑問を感じます。心理面だけではなく身体症状も含めて、複雑性心的外傷後ストレス障害(C-PTSD)という状況が当てはまる、と私は思います。

それと、直感像ってご存知ですか。記憶が映像や音声としてリアルに想起できる資質で、触覚も再現されていると思います(私は直感像ではないので伝聞です)。また、学校の成績が良くなかったようですが、それは解離していた影響かもしれません。

現在の状況は幼少期の出来事が再現されていて、過去のトラウマを癒す段階に来ている現れではないでしょうか。解離を肯定して、利用してください。無理に抑えてはいけません。旦那さんの協力が最も有効な対処法だと思いますが、夢見るよめちゃんも乳児の段階から育て直してもらうといいでしょう。

精神科医でも解離を理解できる人は滅多にいないと思います。それは、解離を自覚できない患者には説明できませんし、生活をともにしていない医師は細部まで実感できないからです。
2014-06-12 19:20 : 清水賢一 URL : 編集
No title
いつもながら、共感いたします。私も父に怒られたことないし、それは優しさだと思いますが、親として今は信用は出来ません。
それでも、きょうだい皆が自分の家に集まる暖かい家族を熱望し、皆がバラバラな事に「仲良くしなさい」連れ子の弟と私たちきょうだいはほぼ会わずに過ごして来たのに「弟を仲間はずれにするな」と言われます。
弟は中学高校と引きこもり、なんとか卒業した後ニートですが、病気を認めない両親はほっとくスタンス。一人で動き出してくれるのを待ってます。人と関わりたくないと言ってるだけで、家では元気だから普通なのよ、と。
鬱になったり変な行動が無い限りずっとそうしていくのでしょう。
血が繋がらなくても、この環境に来れば同じことになるのかと残念に思います。
でも私が何を言っても聞かず、弟も喋ったりしてくれないし、響かない親と深く関わりたくない気持ちから放置してる私も私なんです。
私の産みの母も父も、私の気持ちには向き合ってくれませんが、表向きはとても仲良しなんです。
私はバカで勉強とか出来ないから、これから産まれてくる自分の子供になめられてしまわないか心配です(/ー ̄;)
友達みたい、といつか言われたらどうしよう。発達障害持ちの甥っ子にも、よめちゃんは大人に思えないと言われてます。
(あ、さかなくん方式でいいですよ(笑))


2014-06-11 20:28 : 夢見るよめちゃん URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング