組織的犯罪に匹敵する聖マリアンナ医科大の不正

神経精神科の医師が「精神保健指定医」の資格を不正取得した聖マリアンナ医科大病院で、次から次へと不正が明らかになっています。16人の医師が懲戒処分を受けても、23人の医師が厚生労働省の資格取り消し処分を受けても、処分する側が同じ穴の狢だから痛くも痒くもないのでしょうか。

抗精神病薬を服用する臨床試験をしたいから、精神疾患ではない女性を「統合失調症」と准教授が診断しただけではなく、医療安全管理室までグルになって庇っていたいたとは呆れる他ありません。しかも、この准教授は製薬会社から多額の金を受け取っています。社会一般常識に照らせば賄賂です。患者が飲まされている薬は、こうした経緯で認可されているのです。

聖マリアンナ医科大、指定医不正取得問題で処分(産経ニュース)

聖マリアンナの虚言(ヨミドクター/佐藤記者の「新・精神医療ルネサンス」)

厚労省が聖マリを行政指導(ヨミドクター/佐藤記者の「新・精神医療ルネサンス」)

臨床研究を不適切実施、打ち切り 聖マリアンナ医科大(朝日新聞DIGITAL)

准教授らは、こうした不適切なデータをもとに論文2本を医学誌に発表し、日本神経精神薬理学会の統合失調症薬物治療ガイドラインには「低用量で高い有効性と安全性を認めたという報告」の参照文献として記載されているそうです。さらには、この准教授はガイドラインの作成にかかわっていました。そして、学会の理事長は精神科医の石郷岡純氏です。あの事件を起こした医療法人石郷岡病院の理事長です。製薬会社や精神医療を信頼できるわけがありません。

 
スポンサーサイト
2016-06-29 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング