FC2ブログ

戦国武将ブームに便乗した医師の出版物

医師がまたやらかしてしまいました。名だたる戦国武将はみんな病気だと言わんばかりの勝手な想像を無責任に繰り広げています。NHKの大河ドラマに端を発する戦国武将ブームに便乗した商売でしょうが、国家資格を与えられた医師が会ったこともない人物の診断を下すとは、その無節操ぶりに呆れます。

名だたる戦国武将はみんな病気?織田信長の人格障害を医師が診断!(DIAMOND ONLINE)

アマゾンの目次をさらっと見てみると、「病むことは生きることと見つけたり」と書いているのですから驚きました。中曽根康弘元首相の「病は気から」に匹敵する暴言です。また、「情性欠如型人格障害」という人格障害を初めて目にしました。人格障害とされる人達は、どの分類であっても情動に問題を抱えていると思いますが、ここでも病気を発明しています。「自己顕示的性格」って病気ではなく、ただの誹謗中傷ではありませんか。これが医療の一面です。

 
スポンサーサイト
2016-06-08 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: タイトルなし
根拠もなく医師を信頼する人達がいるので、無視せずに取り上げてしまいました。ごめんなさい。こうした本を読んで頷いている無知な大衆を少しでも減らしたいです。

それから、最近目につくのは、偽脳科学者の「脳科学的には〜」です。バラエティやワイドショーでただの感想を述べているだけなのに、脳科学を持ち出す二人の偽脳科学者には参ります。たいそうな学歴があるのに頭が良いとは思えない、舛添都知事と同類ですね。まあ、制作者のレベルもその程度なわけですが。公共の電波から消えて欲しいです。
2016-06-09 12:37 : 清水賢一 URL : 編集
人格障害という名称には「あなたはダメな人格です」というレッテルやその先の一切の思考を停止させる強い力があります。そもそも歴史上の英雄を論じる時にその人物が生身の人間としてどんな苦悩を抱いていたかなど判りようもないことでしょう。こんなのは障害者をひとくくりに困った人たちとする大雑把な感性ですが、医療に関わる医師としての良識よりも野次馬的な快楽が勝ってしまったに違いありません。こんな人嫌い。積極的に無視しましょう。
2016-06-09 08:53 : fridayusao URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

推薦図書

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング