fc2ブログ

精神医療の基礎知識-6

大学の医学部に入れる方々は、学業でかなり優秀な成績を修めています。その上、医師国家試験に合格しなければ医師にはなれません。さらに、研修生となって自分の希望や適性などを検討して、外科や内科、小児科、産婦人科といった専門分野へと進みます。また、大学病院で教授になろうとする方もいるでしょうし、町医者として地域に貢献しようとする方もいます。人間性が優れているかどうかは人によりけりでしょうが、「白い巨塔」と揶揄されるように、基本的には階層社会です。

こうした医師の世界では、「神の手」と称されるような心臓外科医や脳外科医などが優秀なエリートとされる一方で、よく分からない理屈ばかりこねて、困った人たちを相手にする精神科医は、下に見られる傾向があります。しかも、精神科を志す動機には自身の精神的な問題が影響している場合も少なくありません。だから、精神科医は医療という業界において端っこの存在で、花形職業ではなかったのです。

そこに製薬会社は目をつけました。彼らなら利用しやすいと。元々脳に作用する薬のエビデンスなんて明確な根拠はないし、明確に否定する根拠もありません。精神医療そのものを盛り上げて、向精神薬には科学的な根拠があると洗脳しました。私は「精神医療関連の学会や団体」と題してまとめましたが、これほど多くの学会や医師などに製薬会社は治験と称して膨大な金をばら撒いています。

その結果、見事にうつ病を国民病に仕立て上げ、向精神薬の販売は右肩上がりで伸びました。そして、精神科医は日陰から日向に出られるようになりました。テレビにも引っ張りだこです。でも、何の根拠もなく主観で判断しているだけにしか見えません。精神医療は科学ではないから当然ですが。つい先日も、女子大生のアイドルが刺された事件について「犯人はストーカー病だ」と発言した精神科医がいました。素人が感想を伴った概念として「ストーカー病」と言うならば理解できますが、医師の発言としては極めて不適切です。また病気を発明してしまいました。これだから精神医療は信頼に値しません。

 
スポンサーサイト



2016-05-30 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング