fc2ブログ

インナーチャイルドと癒し

アダルトチルドレンに対して、心の傷を回復する方法として「インナーチャイルド」を癒すように勧めている事例が数多くあります。果たして、そうしたメッセージを発している方々はインナーチャイルドに会ったことがあるのでしょうか。私は、乳幼児期以降の真由美とコミュニケーションしたので、インナーチャイルド理論を実体験で理解しています。解離性同一性障害(DID)の場合は、子供の人格が内部で生きています。その子供達は否定的な感情を抱えており、誰かが癒してくれるのを待っています。本来は親が癒すべき感情なのに、毒親が対処しなかったせいで昇華できませんでした。

これはDIDに限った仕組みではありません。DIDは昇華されなかった感情が人格として残っているだけで、ACやボーダーも乳幼児期の心の傷は潜在意識に残されています。だから、あなたが自尊心を獲得するためには、傷ついた心をできるだけ意識化しないと、十分に癒すことができません。つまり、潜在意識に抱えている怒りや哀しみといった否定的な感情を抑えてしまうと逆効果なのです。否定的な感情が爆発して、パートナーへの暴力となる場合も一時的にはあるでしょう。それでも、否定的な感情を親のように受け入れて、子供の感情に共感しなければなりません。

パートナーがあなたのインナーチャイルドに働きかける場合でも、あなたが自分のインナーチャイルドに働きかける場合でも、基本的に変わりはありません。親の役割を十分に認識して、肯定的な感情を繰り返し体験できるようにするのです。不適切な養育を受けた場合には親の役割がわからないかもしれませんが、自分がして欲しかったように子供にしてあげれば良いのです。機能不全家族に気付いたあなたは、段階を踏みながら成長すれば良いのです。

 
スポンサーサイト



2014-06-04 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング