fc2ブログ

「いい子」が暴発する仕組み

最近、「いい子」の弊害が声高に語られるようになっています。私は、拙著やこのブログで度々「いい子」という指標を批判しているのですが、「いい子」の裏には必ず感情の抑圧があり、その抑圧が犯罪として暴発すると臨床教育学博士の岡本茂樹氏は述べています。岡本氏は刑務所で矯正教育に携わっていたので、抑圧された感情と数多く向き合ってきたのでしょう。ウェブサイト「デイリー新潮」の記事を紹介します。

成功者であるはずの清原和博被告や酒井法子さんの事例は、親の期待に限らず、社会の期待も抑圧要因となると示しています。一般人でも、企業や学校で同様の期待はあると思いますが、外部からの圧力を流したり利用したりできるようになれば、生きづらさから解放されるでしょう。

清原和博も酒井法子も頑張り続けた過剰な「いい子」
期待に応えられない「しんどさ」が犯罪者を生む


「悲しい時の作り笑いは精神の毒薬」 臨床心理の専門家が語る

知られざる少年院の掟「24時間私語禁止」 矯正教育のプロが明かす裏事情

少年院で非行少年は「反省」できるのか? 矯正教育のプロが語る問題点

 
スポンサーサイト



2016-05-06 : アダルトチルドレン(AC) : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング