fc2ブログ

モンスターマザーに見る究極の責任転嫁

ちょっと凄い実話を見つけてしまいました。息子が自殺したのは学校のせいだと難癖を付けたものの、実際には母親を原因として自殺に至っていたという内容です。週刊新潮に掲載された記事が、ウェブサイト「デイリー新潮」に転載されており、事件の詳細をまとめた単行本も出版されています。

この高校生が自殺する前に、母親から保護できなかったのかと悔やまれますが、アマゾンに、当時、同じ町に住んでいた方のレビューが載っていました。周囲の大人や仲間達が少年を助けようとしていた事実が記されています。それにしても、父親は何をやっていたのでしょうか。やはり、過干渉で責任転嫁を行なう母親と無関心で逃げてしまう父親の問題です。

高1自殺の原因は“いじめ”ではなく“母”だった 〈学校を破壊するモンスターマザーの傾向と対策(1)〉

校長を「殺人」で告訴! 県・先輩生徒には1億円を賠償請求 〈学校を破壊するモンスターマザーの傾向と対策(2)〉

モンスターマザーその手口 マスコミ、人権派弁護士、精神科医を取り込んで 〈学校を破壊するモンスターマザーの傾向と対策(3)〉

モンスターマザーに翻弄された学校 「いじめ自殺」を叫んだ母親の狂気

 
スポンサーサイト



2016-05-04 : 機能不全家族 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
ササライさん、ご愛読有り難うございます。

私はこの母親に会ったことはないので、ここにある情報だけでは境界性パーソナリティー障害だとは思いません。見捨てられ不安がなさそうです。ただ、問題を抱えている人物だとは思いますし、分類にそれほど意味があるとは思わないものの、パーソナリティ障害とされる範疇には入っているかもしれません。

知人の方は、いわゆる高機能型でしょうね。単なる知人であれば、可能な限り距離をおくしか防衛できません。また、毒親は母親だけの問題ではなくて、黒幕は父親なんですよ。その父親に自覚はないでしょうけれども。夫が妻にとって安心できる存在ではなく、頼れる存在でもないから、妻が暴走するわけです。
2016-05-06 14:14 : 清水賢一 URL : 編集
No title
いつも読んでいます!

(1)の母・さおりが、知人にそっくりです!母・さおりみたいな人が境界性パーソナリティー障害ってことでOKですか?
知人は、母・さおりと違って、ターゲット以外には、滅茶苦茶親切で明るく屈託ない感じのよい人でした。

母・さおりみたいな人にターゲットにされて、本当に大変でした。
対人操作も半端なく、私こそが加害者のような気になりました。

ご主人さんも、現実世界を認識できていないようで、脳内お花畑でした。家では、空気ですね、間違いなく。

なぜ、そんなことがわかるかって?ご主人さんのSNSに毎日、日記が上がっていたからです。
ご主人も、全く非のない身近な人を凶弾していたので、奥さんも益々自分の行動に自信を持ったんじゃないでしょうか?

「父親は、空気」とよく言われますが、無関心以前に、何かおかしいです。
うちの父も(母・毒母)一言で言えば空気ですが、分析していくと、相当おかしいです。
2016-05-05 23:15 : ササライ URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング