fc2ブログ

「生真面目さ」が要因になっている虐待

最近は熊本地震の影響で鳴りを潜めていますが、毎日のように虐待に関する報道があります。虐待者は、密閉された収納ケースに子供を入れたら窒息するということにさえ考えが及びません。顔に熱湯をかけたら大やけどを負うということさえ想像できません。子供を自宅に監禁して、生活保護費でパチンコに通う愚か者もいます。おおよそ同情の余地すらないように見える虐待者ですが、ルポライターの杉山春氏は「生真面目さ」が要因になっていると指摘しています。

我が子を虐待する親の「悲しい真実」~「バカな親がバカなことを…」で済ませてはいけない!(現代ビジネス)

不倫、離婚、出産…それでも母であることはやめない。「社会規範」から降り、「所有」しない家族のカタチ(現代ビジネス)

虐待者は、親から支配されたので自分の子を支配するようになり、コミュニケーション能力を養えなかったので助けを求めなくなるのでしょう。やはり、受容と共感の欠如を感じます。健全な子育てとは何か、学校教育の場で年齢に応じて教える必要があるのかも知れません。

  
スポンサーサイト



2016-04-22 : 結婚・育児 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング