fc2ブログ

西日本新聞の連載〜いま、学校で〜

西日本新聞では「いま、学校で」という連載も行なっています。学校という場に見られる貧困の事例を丁寧に掘り下げていましたが、やはり貧困そのものが問題ではないのだと私は確認できました。制服を買えなかったり、十分に食べられなかったり、進学できなかったりしても、必ずしもその子が問題を抱えているわけではありません。むしろ、自分が置かれた境遇に流されずに、きちんと自分の人生を歩もうとしている子供が少なくないのだと希望を持ちました。

いま、学校で(1) 生徒の食「配給」が命綱

いま、学校で(2) 制服買えず入学式欠席

いま、学校で(3) 貧困が招く「10歳の壁」

いま、学校で(4) いつか高校に行きたい

いま、学校で(5) 担任が教室で子守代行

いま、学校で 読者の声 「何もしないではいられない」

また、私はこのブログで何回も教師を批判していますが、全ての教師が批判に値すると思っているわけではありません。現に、50代になっても中学の部活動の顧問や高校の担任と酒席を囲んでいます。この記事にあるような赤ちゃんの子守りとか通帳の管理は、社会通念からすると行き過ぎかもしれませんが、子供の権利を守るという視点に立てば黙認すべき出来事です。ある程度、融通を利かせる社会の方が生きやすいと思います。

  
スポンサーサイト



2016-04-18 : 結婚・育児 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング