fc2ブログ

無差別テロは拡大自殺

またヨーロッパで自爆テロが起きました。過激派組織IS(イスラム国)が犯行声明を発表しています。テロリスト達は、ヨーロッパの白人が十字軍を中東地域に派兵し、その後も世界を植民地化し、第一次世界大戦後に中東を勝手に線引きしたのだから、自分達が正義だという理屈を与えられているのでしょう。

しかし、ISは占領した地域の女性を連れ去って、奴隷として売買し、凄惨な性暴力を加えています。戦争が起きると性暴力も起きてしまうという歴史的な事実はありますが、性暴力を肯定している宗教はないはずです。男尊女卑が文化として残っているとしても、両性の存在によって種を存続できるので、宗教上は女性も大切にされるでしょう。だから、ISはただの反社会的な暴力集団にすぎません。

テロの原因として、歴史的な宗教の争いや人種差別などが語られますが、それはジャーナリストや学者が人の本質に目を向けていないせいです。真っ当な養育を受けた者が、無差別テロを起こすでしょうか。乳幼児期から怒りや哀しみを溜め続け、将来を描くこともできず、居場所を失った子供が成長してテロリストになるのです。彼ら彼女らにISが手を差し伸べたから、口実を得て自爆を図りました。

つまり、秋葉原で起きた無差別殺傷事件と何ら変わりはありません。親に対する怒りや哀しみを自分一人で表現するのではなく、注目を集めるために周囲も道連れにしました。こうした自暴自棄な殺人や自殺、あるいは警察や軍隊などに殺されることを目的として起こす事件を「拡大自殺」と呼びます。毎日のようの親子が殺し合っている日本で、ISの名を借りて同様のテロを起こす日本人が現れても不思議ではありません。

受容や共感を親から得られなければ、人の痛みはわかりません。自分の感情をいつも押し殺していたら、誰かを傷付けても平気でいられます。乳幼児期に自尊心を培えないと、自分の人生を大切にできなくなります。世界中で軍備に費やしている予算の数パーセントでも子供の養育に回せば、現在よりも遥かに平和な世界を築けるでしょう。

 
スポンサーサイト



2016-03-28 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング