fc2ブログ

自分が解離しているかもしれないと思っている方へ-3

解離症状は一定ではありません。人としての個体差があるのは当然として、一人の症状であっても、時間や言動、意識の浅さなどはその時々で異なります。ある解離性同一性障害(DID)の方は「結晶」という言葉を使っていましたが、結晶として固まっている状態から緩くてふわふわした状態まで、意識と無意識は不安定に繋がっているのではないかと私は想像しています。

具体的には、人格として明確に存在する意識が現れる場合もあれば、ある出来事の記憶を失っていたり、情動が無意識として働きかけたりする場合もあるわけです。私が実際に体験した事例としては、副人格の昼間の活動が主人格には全く記憶になく、主人格は夕方まで眠っていたと思っていたことがあります。あるいは、深夜に7歳の基本人格と話した内容を、朝起きた主人格が夢として記憶に留めていたこともあります。また、ただ単にパートナーの意識が朦朧として歩けなくなったこともあります。

このあたりは本人にはわからないはずなので、近親者が実際に遭遇しなければ把握しにくいでしょう。専門家とされる人達は解離性障害を抱えている当事者と生活を友にしているわけではないので、出版物でも具体的な記述は少ないと思います。身近に支援者がいるのであれば、不安かもしれませんが、解離に相当する言動があるかどうか相談してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーサイト



2016-03-11 : 解離性同一性障害/解離性同一症/多重人格(DID) : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: タイトルなし
いえいえ、当事者のとてもリアルな内容ですので、大いに参考になります。そう、子供の頃から自分を抑圧し続けたせいで、相談や助けを求めようとしないですね。話し合いが存在しない家庭に育った結果だと、つくづく感じます。

それに、解離そのものは疾患ではないし、人格の多重性なんてごく一部の問題にすぎません。にもかかわらず、それらが中心的な疾患であるかのごとく専門家と称する人達が喧伝するので、私は自分の経験を出版しました。専門的な出版物には、難解な言葉を多用した理屈ばかりが並んでいるので、黙っていられませんでした。

労力も経済的な負担もまるで割に合いませんが、私が黙ってしまうと情報を正せないと思いました。脳の問題ではなく、脳を含む身体と養育の問題だと理解できない医師が、安易に脳に作用する薬を投与するのでしょう。体調を整えることで、脳を健康にするという手法もあるのに。
2016-03-11 17:36 : 清水賢一 URL : 編集
DIDに治療的な手法の介入が必要になる事態が既に起きている分かりやすい場合の特徴として当人が精神科などの治療を巧みに回避するというものが挙げられると思います。現在のわたしの精神科の主治医は「自己開示」と呼んでいますが、DIDのわかりにくさはDID患者の脳内システムが作動して起こす「自己開示」の回避でしょう。わたしは精神科へ掛かるまでに2年弱、精神科で主治医ときちんとやり取りをする迄にさらに2年掛かりました。詳しくは書けませんがわたしは触法寸前の行為に加担し初めていました。病院通いの忙しさや検査入院等の煩雑な日々ではわたしの保護人格がメインに活動していたように思います。それでもなお誰かに頼るという思考回路はDIDには極めて希薄だと自分の経験から感じています。権威者から支配されやすい、利用されやすいなどもDIDの特徴です。ごめん、なんか関係ないこと書いたかな?
2016-03-11 07:30 : fridayusao URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング