fc2ブログ

熊谷市の6人殺害事件でペルーに捜査員派遣

埼玉県熊谷市で小学生二人を含む6人が殺害された事件で、鑑定留置中のナカダ容疑者に関する情報を集めるために、ペルーへ捜査員を派遣するそうです。ナカダ容疑者は当初から事件の記憶がないと主張しており、何らかの精神疾患が疑われているのでしょう。

ペルーに捜査員派遣へ 埼玉県警と地検、ナカダ容疑者親族から聞き取り(産経ニュース)

確かに、親族から聞き取りを行なえば、過去に虐待を受けていたと明らかになるかもしれません。しかし、その虐待がどのように影響しているのか、現在の容疑者の精神状態はどうなっているのかなど、刑事事件で扱えるほどの因果関係が判明するはずはありません。それはペルー人だろうと日本人だろうと変わりはなく、心的外傷と犯罪の直接的な関係なんて、本人を含めて誰にもわからないはずです。正直言って、ペルーに捜査員を派遣しても意味がないように思います。

事件の内容から察するに、容疑者は解離していた可能性があります。だからといって解離性同一性障害(多重人格)とは限らないし、心理的に逼迫したために一時的に解離しただけかもしれません。また、6人も殺害されたという事件の大きさからすれば、心神喪失で不起訴などという決着を遺族が受け入れられるわけがありません。捜査や鑑定を尽くした結果、責任能力が認められるという想定でしょうか。加害者や被害者が生じない社会を作るしか、予防策はなさそうです。

 
スポンサーサイト



2016-02-29 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング