fc2ブログ

性暴力被害者の一つの事例

性暴力被害に遭った女性が、卒直に心情を語っています。被害者にはセックス依存になる事例が多く、性的な行為を避けるようになる事例の方が少ないというのが私の印象です。PTSDの反応として、ここで説明されている行動をとるのだと理解しています。彼女は、こうして語れるようになるまでに5年もかかっています。加害者は今ものうのうと生きているのでしょうか。

レイプが原因で、セックス依存になった私の話。

全くの他人から受けた一度の被害でもこれほどの後遺症となるのです。では、加害者が身内だったら、実の父親や兄だったら、子供の頃に被害を受けたら、その被害が何年も続いたならば、その記憶を封印するのは当然です。加害者を罰すれば家庭が崩壊するのですから、沈黙するしかありません。意識と記憶と感情をバラバラに粉砕しなければ、生きていけるわけがないのです。

 
スポンサーサイト



2016-02-15 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング