fc2ブログ

日本の平均寿命は世界に誇るようなことか

作家の曽野綾子氏の発言が話題になっています。1月24日の産経新聞のコラムで、「90代の高齢者がドクターヘリを要請した」という話を引き合いに出して、「何が何でも生きようとする利己的な年寄りが増えた」と指摘したそうです。それに対して、ツイッターなどに批判するコメントが多く書き込まれたようです。

私は、ちっとも問題発言だとは思わないし、この件においては曽野綾子氏の意見に賛成です。批判するコメントが象徴していますが、どんな場合でも生きさせるべきだという主張は、あまりにも過干渉です。これも「鬼女」の方々でしょうか。批判やあら捜しばかりしているのは、親から批判やあら捜しばかりされたからだと気付いて欲しいものです。

100年前には50歳にも届かなかった日本人の平均寿命が、現在は80歳を超えています。そもそも人類は、次の世代が子育てを始める40〜50歳で死んでいたはずで、肉体の耐用年数は50年程度のはずです。にもかかわらず、文明の進歩によって40〜50歳で妊娠・出産したり、ガタが来ている身体を修理したり、様々な延命処置によって高齢者を生かしたりする社会になってしまいました。以下のページは、筆者の体験を踏まえた説得力のある意見です。

高齢者は適当な時に死ぬべきなのか?(DIAMOND ONLINE)

はたして、管に繋がれたまま生かされる老人は幸福でしょうか。病院に行けば治してもらえると思い込み、薬を飲めば治ると信じている人は、歪んだ正義と責任転嫁に気付きましょう。医療業界が、覚悟のない大衆につけ込んで産業を拡大させ、国家は膨大な借金を作っているのです。私は、自分で食べられなくなったら、命を終えるしかないと割り切っています。

 
スポンサーサイト



2016-02-19 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング