fc2ブログ

凶悪殺人事件の動機

東京・秋葉原の無差別殺傷事件が起きてから、まもなく6年になろうとしています。事件発生以来、様々な報道が行なわれ、裁判では一審、二審と死刑判決が下されています。加藤智大被告は最高裁に上告中ですが、高裁判決から長期間過ぎているので、改めて精神鑑定を行なっているのでしょうか。少し前には加藤被告の弟が自殺していたと報じられました。母親の過干渉と父親の無関心という機能不全家族の典型としか言いようがない環境で、長男は凶悪犯となり、次男は自死したわけです。

「独占スクープ!「秋葉原連続通り魔事件」そして犯人(加藤智大被告)の弟は自殺した 兄は人殺し、その家族として生きていくことは苦痛そのものだった……」(現代ビジネス)

凶悪殺人事件の多くは動機が不可解だったりします。「誰でもいいから殺そうと思った」とか「死刑になるために殺した」とか、被害者にとっては理不尽極まりない理由を犯人は述べています。しかし、凶悪事件の大半は「親に対する復讐」が動機だと私は考えています。八つ当たりと言ってしまうと被害者に申し訳ないのですが、幼少期から溜まっていた不満や怒りを親に向けられず、社会に向けているのだと解釈できます。

真由美は、自分の中にも不特定多数に対する殺人の衝動があると話していました。おそらく、その衝動は健全に育てられた者には理解できないでしょう。秋葉原の事件でも、本当の動機は解明されていません。会社で嫌がらせを受けたとか、ケータイサイトで孤立したという話は、自分で仕掛けた口実にすぎません。オタクをターゲットとして聖地で実行した理由は、その流れに乗っただけです。社会の注目を集めて訴える必要があるほどの動機は、潜在意識にあります。だから、あれほどの激情が発生した原因は加藤被告自身にもわからないのだと思います。

それでも、母親から受けた虐待に対する怒りや、関わろうとしない父親への憤りは容易に想像できます。事件前に両親は離婚していますが、親への思慕が叶わないと加藤被告が絶望して、犯行に至ったとしても不思議ではありません。こうした悲劇を繰り返さないために、機能不全家族の連鎖を絶たなければならないのです。

 
スポンサーサイト



2014-05-31 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング