fc2ブログ

「ちゅーしても、いいよ」出版から2年を経て-5

私は、本書を読んだ方から「自分の子育てを振り返って、いくつも反省してしまった」という感想を頂いています。書き始めた頃に意図していたわけではないのですが、この本は結果として育児書にもなっています。その理由は、真由美の生育歴を実際にトレースするとともに、彼女の両親がどのように不適切な養育を行なったのか具体的に描かれているからです。表情や態度で乳児期から操作する毒親は、「虐待」という言葉で語れるほど単純ではありません。

そして、私が毎日の混乱の中でどのように振るまい、彼女の連れ子にどのように接したのかといった事実も正直に残しています。私はスーパーマンではありませんので、毎日葛藤するような状況でした。また、彼女の連れ子は、真由美と同じ環境で生まれ育ったがゆえに、真由美と同じような問題を既に抱えていました。つまり、機能不全家族の連鎖も乳幼児期から始まっているわけです。

私は自分を評価してもらおうとして書いているのではなく、私の態度の善悪を参照して、あるいは真由美の生育歴と比較して、読者に利用して欲しいと考えています。こうした具体的な出来事を読者が共有できれば、社会で子供が不適切な養育を受ける可能性は低くなるだろうと期待しています。これから子供を育てる可能性がある方や子育て中の方には、育児書として読んでいただきたいと願っています。

 
スポンサーサイト



2015-12-16 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング