fc2ブログ

東住吉放火殺人事件もう一つの視点

冤罪かどうかが問われる事件では、必ずと言って良いほどに「自供」が証拠とされ、捜査段階とは異なる証言を被告が裁判で行なっています。自尊心が高く、強い意志を持っている人は、事実と異なる発言はしないでしょう。まして、殺人事件において、無実の人間が自分がやったなどと言うはずがないと誰もが信じています。特に警察では、海千山千の犯罪者を相手にしており、被疑者の嘘をどう見破るかが取り調べた者の力量であるとされています。つまり、社会には冤罪を生みやすい土壌が最初からあるのです。

では、親の顔色をうかがって育った子供は、いつでも自分の気持ちを正直に伝えられるでしょうか。親に操作されて育った子供は、親が振りかざす勝手な理屈に対して、正々堂々と反論できるでしょうか。親を満足させようとして「いい子」になっていた子供は、強圧的な態度に迎合せずに、自分の考えを主張できるでしょうか。世の中には一定数の被虐待児が存在します。彼ら彼女らは成人後も、無意識に根を張った親の支配に苦しんでいます。そういう人々が犯罪の容疑をかけられた場合には、簡単に「自白」するでしょう。そして、そうした態度は、無罪だと信じたい人に対しても同様に作用します。支援者に気に入られようとして迎合する可能性も十分あるのです。

東住吉放火殺人事件では、母親が捜査段階で放火殺人を認めています。いくら警察の誘導があったとしても、彼女には長男もいたのです。やはり、母親は自尊心が低く、自分を大切にするように育てられなかったから、「もう、どうでもいい」と投げてしまったのでしょうか。それとも、二人の子供に多額の保険金をかけていた事実や給油キャップが締まっていなかった事実が示すように、犯人なのでしょうか。足利事件でも同様に感じますが、検察は自己主張できない、迎合してしまう人々を丁寧に捜査すべきです。

 
スポンサーサイト



2015-10-30 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング