fc2ブログ

「絶歌」元少年Aへ-3

あなたは猫の虐殺や一連の事件の原因を自分の性的衝動に求めていますが、それは間違いではないでしょうか。生まれながらにして殺意と性的衝動が結びついているならば、すべての動物は絶滅しているはずです。殺意は怒りによって生じるのであり、残虐な行為によって性的に満足できるならば、怒りと性的衝動が関連付けられた認知の歪みが生じていると考えた方が理に適っています。

「絶歌」では、単に自分が異常者であるかのごとく決め付けているだけで、認知に対する検証を行なっているようには見えません。そもそも、少年が電気按摩器を使ったからと言って、特に変わった行為だとは思わないし、それが祖母の遺品であったとしても違和感はありません。それよりも、性的な衝動に意図的にこだわり、性的な表現を多用している文章からは、無意識に何かを隠そうとしているのではないかとさえ感じます。

また、あなたは射精で痛みを感じるとも記述していますが、それが自慰行為ではなく自傷行為であると考えたことはありますか。普通は快感を得るために射精するのであり、それは生命が何億年もかけて作り上げた種を存続させるための仕組みです。わざわざ自分を痛めつけているならば嗜癖と変わらないし、嗜癖と同様の原因があると推定できます。もっと正直に自分と向き合わなければ、何も見えて来ないでしょう。

 
スポンサーサイト



2015-10-16 : 機能不全社会 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング