fc2ブログ

麻薬と同等に危険な向精神薬

兵庫県警は、向精神薬をネットで不正転売したとして、麻薬及び向精神薬取締法違反(営利目的譲り渡し)容疑で、京都市の飲食店店員を逮捕しました。生活保護受給者が、医療費が無料となる制度を悪用して得た医薬品を転売し、利益を得ていたという容疑です。覚醒作用のある「モディオダール」や睡眠薬「ベゲタミン」など向精神薬約730錠を約5万7千円で売ったと報じられています。

生活保護受給の女、向精神薬を転売容疑で逮捕 約1万6000錠を押収(SANSPO.COM)

1953年に施行された「麻薬取締法」は1990年に改正されて「麻薬及び向精神薬取締法」となっています。麻薬及び向精神薬の輸入、輸出、製造、製剤、譲渡し等について必要な取締りを行ない、麻薬中毒者について必要な医療措置を講じて、麻薬及び向精神薬の濫用による保健衛生上の危害を防止し、公共の福祉の増進を図ることを目的とするそうです。つまり、向精神薬は麻薬と同じ成分であり、同等の危険がある物質だと法律が認めているわけです。

取り締まりの対象は、モルヒネ、コカインなどの麻薬に加えて、向精神薬としてはメチルフェニデートのような精神刺激薬やバルビツール酸系薬、ベンゾジアゼピン系薬などが指定されています。また、今年の6月26日に改訂されていますので、対象とする成分は常に更新されています。現在、日本で医薬品として流通する向精神薬の多くはベンゾジアゼピン系ですので、その危険性は高いと言わざるを得ません。精神科医はこうした法律を熟知しているのでしょうか。患者は十分な説明を受けて、正しく理解した上で服用しているのでしょうか。

   
スポンサーサイト



2015-10-05 : 精神医療・精神薬・カウンセリング : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング