fc2ブログ

隠れた支配者「イネイブラー」

日経ウーマンオンラインに、リアルな被虐待ガールズトークがありました。大川内麻里さんと内田春菊さんの対談ですが、性的虐待において母親も共犯者になるという事実について書かれています。そうした隠れた支配者を「イネイブラー」と呼ぶそうです。私は、内田春菊さんの「ファザーファッカー」を出版された頃に読んでいるのですが、加害者が養父だったので、そういうこともあるのだろうと受け取っていました。

<幸せになるための 母娘関係・考>
母は隠れた支配者だった—内田春菊さん

壮絶な母娘関係を乗り越えて—自身の体験を対談で振り返る(前編)

壮絶な母娘関係を乗り越えて—自身の体験を対談で振り返る(後編)

時が過ぎて現在の私は、実父や実兄が10歳にもなっていない娘や妹を強姦すると知ってしまいました。けれども、今現在でも社会の大多数はそんな現実を知りません。性犯罪者とは、深夜に暗闇で若い女性を待ち伏せている存在だと思っているでしょう。私達は哀しく痛ましい事実を共有して、少しでも被害を減らせる社会を作らなければなりません。

 
スポンサーサイト



2015-11-04 : 機能不全家族 : コメント : 2 :
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
マスコミがマスゴミと揶揄される理由について、当のマスコミにいる人達は理解できないのでしょうね。性虐待の有無によって見方はまるで変わるのに、冤罪の生還者はヒーローだと決め付けて、それを報じている自分達に酔ってるんですよ。ネットの方が根拠が伴う正しい情報で、より民主的な存在だと多くの人は気付き始めています。

同じような被害に遭われた方は気分を害するかもしれないのですが、東住吉の火災で死亡した少女は逃げようとしなかった可能性もあると私は考えています。性虐待によって人生を投げてしまい、希死念虜を抱いていたならば、諦めてしまっても不思議ではありません。少女の最後を少しでも想像できれば、なかったことにしていいわけがありません。母親が本当に冤罪ならば、全てを明らかにして、娘の無念を晴らすべきです。
2015-11-05 10:08 : 清水賢一 URL : 編集
No title
東住吉放火事件の、マスコミが語らない性的虐待の件を
わたしもブログに書きました。
そしたらあまりにも多くの人が「知らなかった」と
おっしゃったので驚きました。
そんな事は想像もできないと・・・

清水さまのお話、まことにごもっともです。
決して遠い世界の作り事ではない「リアル」なのだと
世間に知ってもらいたく思います。
2015-11-04 15:59 : 紅玉 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング