fc2ブログ

毒父へのメッセージ

私は「ちゅーしてもいいよ 親の支配から生還した真由美の記録」の中で、真由美の父親へのメッセージを載せました。実際には彼に送っていませんが、「毒になる親」で勧めていた毒親との精神的な対決を意識して記述しています。私は真由美の両親を憐れんでいるので対決する必要性を感じませんでしたが、親との対決に迷っている方々に一つの事例を示そうと思って書いてみました。

その時に留意したのは、毒父には理解できないであろう「信頼関係」です。私はこれまでの人生で信頼関係には恵まれていましたので、自分はどういう存在なのか振り返りつつ、その理由についても考察しました。その上で、毒父に対して「信頼」を構成する要素を突きつけ、「君には理解できない」と切り捨てています。毒親は子供の幸福を妬んでいます。他人と比較して幸福感を得ようとします。だから、自分には存在価値があると示せばいいのです。

あなたが共依存から脱しているならば、毒親と実際に対決しましょう。自分は親の嗜癖対象ではないと宣言しないと、毒親は永遠にまとわりつきます。先に死なれてしまったら「逃げ得」ではありませんか。機能不全家族の問題を解決せずに親が死んでしまうと、あなたは取り残されたという感覚に苛まれるかもしれません。自尊心が低い者は批判に弱いので、感情的にならないように根拠を伴って批判すれば、猛烈に怒りながら勝手に自滅するでしょう。

 
スポンサーサイト



2014-05-27 : 機能不全家族 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング