fc2ブログ

釧路・性的虐待訴訟で被害者勝訴確定

幼少期の性的虐待で心的外傷後ストレス障害(PTSD)やうつ病を発症したとして、北海道釧路市出身の40代女性が叔父に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁は叔父側の上告を退けました。女性の請求をほぼ認めて、叔父に約3000万円の支払いを命じた札幌高裁判決の確定です。

被害女性の勝訴確定=幼少期、親族が性的虐待−除斥期間認めぬ二審支持・最高裁(時事ドットコム)

【釧路・性的虐待訴訟】最高裁で被害者勝訴判決が確定しました!(弁護士寺町東子が行く)

上記のブログに紹介されているNHKのインタビューを私は見ていませんが、近親者から性虐待を受けた被害者の心情が文章から伝わってきました。今回の訴訟では、叔父が加害行為を認めて、賠償金を払うという発言が録音されていたために、被害の訴えが真実であると認められたようです。幼少期の被害について物的証拠を残せるはずがありませんが、証言などを得られれば裁判官の心証によって判断されます。

実は、当ブログの読者には「性的虐待」などの言葉を検索して辿り着いている方が少なくありません。性虐待を受けたほぼ全ての方々は泣き寝入りせざるを得ず、理不尽な暴力に対して声を上げられないのだろうと察します。それぞれ事情があると思いますが、この訴訟を闘い抜いた被害者の女性に敬意を表します。

 
スポンサーサイト



2015-09-07 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング