fc2ブログ

「碧志摩メグ」公認撤回の署名活動

「碧志摩メグ」という志摩市が認定した公認キャラクターについて、公認撤回の署名活動が「change」で行われています。17歳という未成年の設定でありながら、胸や太ももなどに顕著な性的誇張表現がなされているのが理由です。ここでサミットが行われるとは、一人の日本人として恥ずかしいとしか言いようがありません。

三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名活動(change)

萌えキャラ:「碧志摩メグ」に反対署名 「公認撤回を」(毎日新聞)

この署名活動を始めた方々は、日本社会にはびこる子供を対象とする性表現について、私と同様に憤っているようです。この「碧志摩メグ」は自治体が公認し、広報に積極的に活用している点で極めて不適切です。しかし、この程度ならまだマシな部類です。幼児や少女の姿でありながら胸が大きいといった異常なイラストやフィギュアは、公共の電波に乗るほどに溢れています。あるいは、「幼児 巨乳 二次元」で画像検索すれば、日本社会がいかに異常な状況にあるか瞬時に判明します。(心的外傷を受けている方は絶対に検索しないでください)

そして、もっと異常な状況は、こうした表現物を取り締まろうという社会的な動きに対して、「二次元だから違法ではない」などと恥ずかしくもなく主張する連中が大勢存在することです。こうしたキモヲタ連中は、架空の人物だから被害者が存在しないとまで主張しています。しかも、日本では性犯罪が少ないなどという根拠のない主張もいつもの通りです。

子供を躾けるという名目で、どれだけ多くの子供が親から暴行を受けたでしょうか。お前のためだという詭弁で、どれだけ多くの子供が親から支配されたでしょうか。誰にも言ってはいけないと口封じされて、どれだけ多くの子供が親から辱めを受けたでしょうか。たとえイラストやフィギュアであろうとも、幼児や少女が性的対象とされる社会は間違っています。そうした当たり前の感性を持っていない連中が、幼児や少女を性的対象とする幼稚な社会を作るのです。人権を踏みにじる表現の自由ならば、私は喜んで放棄します。

 
スポンサーサイト



2015-08-31 : 情緒的虐待/身体的虐待/性的虐待 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング