fc2ブログ

「不自由」を与えましょう

現代社会は本当に便利になりました。蛇口をひねれば水が出ます。コンロのつまみを回せば火がつきます。短時間で遠距離も移動できるようになり、電気によって様々な機器を動かせます。これらは、安定した社会で科学や経済が発展した証です。とても快適な日常生活ですが、その快適に慣れてしまったがために失っているものも少なくありません。

不安定を恐れて異端を排除する同調圧力が強まり、人は本音を隠すようになりました。どんな疑問もインターネットを通じて解決するようになり、人は知恵を使わなくなりました。一人ひとりの社会性が低くなったせいで見て見ぬ振りをするようになり、人はお互いに協力しなくなりました。そして、便利な生活が当たり前になってしまい、人は自分が生かされているという感謝の心を忘れています。

川に水を汲みに行く。山に薪を拾いに行く。藁や竹でわらじや籠を作る。そんな生活なら、みんなが協力して知恵を使い、自然に感謝するのも当然でしょう。今さらそんな生活には戻れないとしても、不便な生活が不幸な生活だったわけではありません。とかく、子供に快適な環境を与えようとする親がいますが、快適かどうかなんてその時代の環境にすぎず、成長に必要な環境の本質とは無関係です。敢えて不自由を与え、思考力、忍耐力、協調性といった自分を高める能力を養うのも親の務めです。

 
スポンサーサイト



2015-08-05 : 結婚・育児 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング