fc2ブログ

「失敗」や「間違い」は成長の源です

大人は子供に「正しいやり方」や「正しい考え方」を教えようとします。しかし、失敗した子供や間違えた子供を感情的に叱ってはいけません。最初から失敗せずに、上手にできることなんて世の中にはありません。何回も間違えながら、間違えた過程や原因を自分で考えて、人は間違えないようになるのです。子供であろうと大人であろうと誰でも同じです。

確かに、同じことを何回も繰り返して間違えているならば、「いい加減に覚えなよ!」という感情が湧いてくるでしょう。でも、その原因は正しい方法を知らないのではなく、間違えることによって誰かに構って欲しいからかもしれません。他者とのコミュニケーションを目的として、無意識に間違えているのです。だから、試し行為であり、歪んだ承認欲求の現れと捉えることも可能です。

失敗とか間違いといった結果に目を向けるのではなく、なぜ、失敗や間違いに至ったのか、その過程に目を向ければ一緒になって考えることができます。子供は、そうやって共感したり受容したりして欲しいのです。失敗や間違いを批判されるだけならば子供は萎縮してしまうでしょう。けれども、その失敗や間違いを利用できれば成長へと繋げられます。とても大きな差だと思いませんか。

 
スポンサーサイト



2015-08-03 : 結婚・育児 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

清水賢一

Author:清水賢一
境界性パーソナリティ障害・解離性同一性障害であるパートナーとの約7年間の生活を「ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録」として出版しました。私が彼女の心のトラブルに気付き、その原因が次第に明らかになり、 彼女が事態を受け入れていく実話です。様々な出来事がありましたが、現在では安定した状況となり、毎日問題なく過ごせています。私の経験を元に、機能不全家族の連鎖を絶って被害者が回復できるように提言します。

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 前編

ちゅーしても、いいよ 親の支配から生還した真由美の記録 後編

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

推薦図書

ブログ内検索

アルバム

にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 家族ブログ 家庭崩壊・機能不全家族へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 解離性障害(解離性同一性障害など)へ

人気ブログランキング